アンビシャスのきまり


【練習時の約束】

■大井第一小学校でのきまり

※最新の練習時間は「スケジュール表」をご確認ください。中止の場合は「らくらく連絡網」にてお知らせいたします。

校庭を利用できるのは17時からなので、17時〜17時10分の間に来校すること。早く到着して南門の前で騒ぐ行為は厳禁です。

・出入りできるのは南門(校庭側)のみ。門は必ず閉める。

・自転車は、池の前に整列して鍵をつけたまま停める。

※1〜2年は手前(南門寄り)。3〜4年は中ほど。5〜6年は奥(プール側)に停める。

・南門付近は車の出入りがあるため、一時利用の保護者も停めない。

・自転車は校庭では、決して乗り回さない。

 

山中小学校でのきまり

※最新の練習時間は「スケジュール表」をご確認ください。中止の場合は「らくらく連絡網」にてお知らせいたします。

山中小の子どもたちは原則として徒歩で来る(遠距離などの事情がある場合は考慮する)。

・大井第一小、伊藤学園の子どもたちも、山中小まで徒歩で来られる距離の人は、原則として徒歩で来る。

・自転車で来た場合、部員の自転車は正門から入り、校舎脇を通って西門内に停める。

(西門内の校舎出入り口前は駐輪禁止。西門前に整理して停める)

 

・保護者の自転車は、送り迎えなど短時間駐輪の場合、正門前のコンクリート部分に停める。※道路には停めないこと!

・練習が終わった学年は速やかに帰る。

 

■火曜・木曜共通事項

・安全面を考えて、一、二年は原則として保護者が送迎をする。

・練習に来たら、挨拶をする(保護者同士も同様)。

・ボールは必ずバッグに入れる。

・暑い時期は大きめの水筒を用意し、水分を多めに持たせる(ペットボトル不可、山中練習の時は水かお茶類にすること)。汗ふきタオル(必要ならば着替えなども)を用意する。

・持ち物には、すべて記名をし、各自でしっかりと管理する。※忘れ物が多くて、困っています!

・インフルエンザなどによる学級閉鎖になった部員は本人が元気でも練習をお休みしてください

・怪我や病気で長期休部する場合は、学年代表に連絡する。                            

・練習への行き帰りは、自己責任。自転車に乗ってくる場合は、くれぐれも注意すること。

・自転車は、必ず決められた学校敷地内に入れる。※学校周辺の駐輪は厳禁(近隣から苦情がくる)。

・歩道を歩く際も、ふざけて騒いだり、道に広がったりせず、アンビシャスの一員であるという自覚を持って行動すること。

 

【お当番について】

・大井第一小学校・・・2016年から付き添い当番は無くなりました。

※練習用ビブスの受け渡し方法は各学年ごとに決めて実行してください。

・山中小学校・・・2016年から付き添い当番は無くなりました。

※練習用ビブスの受け渡し方法は各学年ごとに決めて実行してください。

 

■山中小学校で17時からの練習を担当される当番の方は以下の内容で進めてください。

1. 1名の方は16時50分から17時10分まで正門内に待機し、児童が来校する際、オートロック門を開閉してください。

※自転車で来校した児童に駐輪場所の指示をする。

2. もう1名の方は施設管理者(主事さん)のところへ赴き、体育倉庫(校庭奥)と備品置き場(ランチルーム付近)の鍵を受け取り、備品置き場から備品(3を参照)を出して朝礼台の上へ置く。同じく体育倉庫の鍵も朝礼台の上へ置く。

※鍵の紛失にご注意ください。

3. サッカー倉庫から出す備品は以下の通りです。

☆救急バッグ(赤いショルダー)

☆ビブス・キーグロ(青いスポーツバック)

☆ファイル(使用許可書や当番日誌が入っている)

4. 校庭使用許可書(当日分のみ)を主事室に提出し判子をもらってファイルに戻す。

※主事さん不在のときは机の上に置く。

5. 後半担当の方は18時20分から18時40分まで正門内に待機し、児童が来校する際、オートロック門を開閉してください。

 

※自転車で来校した児童に駐輪場所の指示をする。

 

【その他】

・体験練習や入部希望などは、必ず学年代表に問い合わせる。(学年代表→山本代表へ)

※体験は2回までです。3回目には決めること。

・練習に関する諸連絡や、実施の判断が難しい場合などには、らくらく連絡網からメールを流すので、各自見落としのないように。

※月間スケジュールは別途お知らせするサイトで確認できます。

※ID及びパスワードも別途お知らせいたします。

 

※当日の練習中止はFacebookでも確認できます。Facebook「FC アンビシャス」

・質問等がある場合は、各部員→学年代表→山本代表の連携を基本とすること。

大井第一小も山中小も、校庭をお借りしているという意識を持ち、ルールを守って気持ちよく活動ができるように、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

 


【試合時の注意点

*各学年代表もしくは担当者が、試合毎に備品の運搬・ユニフォーム当番(使用する場合)・お菓子の買出しなどの当番を決める。

*当番は全員で順番に回す。

*当番が出来ないときは、ほかの人に代わってもらい、学年代表もしくは担当者に連絡する。

①備品各種の運搬

・持ち出しの内容は山本代表の指示を仰ぐ。

・試合で使う備品は、ユニフォーム以外は山中倉庫に保管されている。

・備品の持ち出しと返却の際には、『備品持ち出しリスト』に記入する。

・試合後、学年代表もしくは担当者は、全ての備品が倉庫に返却されたか、確認する。

※救急箱、ビブス、キーグロは、試合後の木曜練習時までに、必ず倉庫へ返却する。

★2017年4月中旬より、各学年に専用備品を1セットお渡しします。内容は「救急箱・ビニールシート・ボールネット・キーパーグローブ・空気入れ・ビブス」を予定しております。年間を通して管理及び活用してください。

②ユニフォームの管理

・学年代表もしくは担当者は、試合への運搬と選手への貸し出し(ユニフォーム背番号と貸し出し者氏名を記録)をする。

・学年代表もしくは担当者が、試合後の練習時にユニフォームを回収し、全て揃ったら山本代表に連絡し、返却する。

*高学年の場合、試合が多くあるため、一年を通して各自管理する場合もある。

 

【ユニフォームの取り扱いについて】

★チームの備品であり、全選手が使用するので、大切に扱うこと。

★基本的には現地で着替えをする。行き帰りは決して!!着用しない。

★試合後は、各自で持ち帰り洗濯をする。

★カギ裂き等ができやすい素材のため、ネットに入れて洗濯をすること。

★返却する際は、破損がないかを確認し、貸し出し時に入っていた袋に入れて返却する。

★アイロン掛けは厳禁です(プリントが剥がれるため)。

 

③お菓子の購入、補充用飲料の購入

・試合終了後に部員に配布するお菓子を購入し、運搬する。※現地調達もあり。

・練習試合時は、会場校へのお礼のお菓子が必要な場合もあります。現地にて山本代表もしくは帯同コーチに確認する。

・補充用飲料は、季節や天候によって要、不要を判断する。(水かスポーツ飲料)

 

【その他注意事項】

・選手は爪を切る(公式試合は審判によるチェックあり)。

・小学生選手は原則としてスパイク使用不可(公式試合は審判によるチェックあり)。

・試合時は必ず水筒を持参(ペットボトル不可)。

・水筒の中身は水かスポーツ飲料にすること(現地でスポーツ飲料の追加補充をするため、お茶だと、追加ができない)。→各学年で対応しましょう。

・人工芝の試合会場へは、ヒールのある靴での立ち入りは禁止!!

・試合がお昼を挟む場合や、コーチ陣が審判として会場に残る場合は、お弁当、お茶1本を代表、監督、コーチ、それぞれに購入し、お渡しする。※予め山本代表に確認する。

・購入したら、一週間以内に会計担当へ、レシートを写メ(もしくは金額、購入日、用途をメール)して知らせる。後日、レシートを渡して返金してもらう。

・応援マナー(選手の名前を呼ばない!選手に指示をしない!!)を守ること!!